滋賀県で除霊ができる有名な神社やお寺は?浄霊について、専門家の住職が解説

水野行清
目次

滋賀県で除霊をお考えの方へ 

この記事では、滋賀で除霊や霊除けができる神社や悪霊退散の祈祷を受けれるお寺をご紹介。除霊は神社とお寺のどちらが良いのか、また、除霊の料金相場や、塩を使った除霊の仕方、霊障とは何かの説明、霊視や除霊方法、浄霊について解説してまいります。

また、『神社やお寺でお祓いをしたが改善しない』『口コミ、評判の良い除霊師に除霊してもらったが元の状態に戻ってしまう』『家の中で不思議な音がする』『精神疾患が治らない』、体調不良が治らないなどでお悩みの方に必要な基礎知識をまとめておりますので、ぜひご参考にご覧ください。

滋賀県での除霊は神社?お寺?どっち?

「除霊」や「お祓い」というと、どんなイメージがあるでしょうか?

かつてテレビの心霊番組などで、霊媒師や陰陽師が行っていた「除霊」を思い出す人もいるかもしれません。ショーがかった仰々しい行為は、あくまでテレビ向けの演出です。もしかしたら、特定の信仰を持たない人にとっては、神社のお祓い、霊能者のお祓いも同じように思われているかも知れません。

現代の祭祀儀礼を信仰の中心とする神社神道は、除霊や悪魔祓いを公式儀式として認められておらず、体系的な公式資料もありません。除霊やお祓いを行うかどうかは、神社ごとの判断に委ねられています。

元々、神社は個人の御祈願をする場ではありません。五穀豊穣や地域の安全など、共同体の幸せを祈るための場です。平安時代以降、に個人の願い事を祈るようになったといわれています。神社で行うお祓いは、初宮詣や七五三、交通安全祈願など、個人の御祈願(御祈祷)を中心に、土地を清めて、工事の安全を祈る地鎮祭、起工式などがあります。

日本のお寺や仏教界は、ご先祖様の供養や葬儀を専門としているところが大半です。その一方で、亡くなったお子様を弔う水子供養や、人形供養、針供養、包丁供養など使えなくなった物の供養を専門に行う寺院も存在します。霊に関わる問題は、どちらかといえば神社よりも、専門性を持ったお寺の方が相応しいかもしれません。

「霊の姿が見える、霊の声が聞こえる」という方は、神社や寺院でお祓いを受ける前に、まずは心療内科で診察を受けましょう。それでも解決できなかった場合は、私どものような専門家にご相談ください。

【滋賀】除霊には塩が効果ある?

塩は調味料である以外に、「魔除け」「厄払い」「禊」にも用いられます。次項より、塩が除霊に効果がある理由や除霊方法を詳しく述べてまいります。

塩が除霊に効果がある理由

日本で人や場を清めるために塩を用いるようになったのには、長い歴史があります。その起源は日本神話にまで遡り、イザナギノミコトが、黄泉の国の穢を祓うため、海水で禊祓(みそぎはらい)で、心身を清めたことに由来するといわれています。海水を浴びて身を清める塩垢離(しおごり)や、神社のお祭りやお祓いで、海水を煮沸した塩湯(えんとう)でお清めを行うのも、日本の国技、相撲で土俵に塩をまくのも、同様に塩の力で穢れを祓い、清めるためです。

通夜や葬式のお清めの塩や、塩水で手水を行うことがありますが、これは、死者を穢れ、不浄なものとして忌避しているのでありません。残された人たちが喪失感や悲しみに暮れ、「気枯れ」の状態から、元の平穏な生活を取り戻すための儀式的な意味合いがあります。

塩を使ったセルフ除霊方法ベスト3

①盛り塩

最近、盛り塩について質問される機会が増えました。コロナ禍以降、家にいる時間が長くなり、自宅での過ごし方を見つめ直す方が増えたのかもしれません。和食店など、飲食店の店先で、盛り塩を見たことがある方も多いでしょう。人の出入りが多い玄関に置く理由は、外から邪気が入ってこないよう、厄除けや魔除けと、良い気を呼びこみ、中にとどめるために行います。盛り塩を置くと良い方角は決まっているのですが、正確に測る必要があるので、まずは玄関や水回りを清潔にして配置すると良いでしょう。粗塩(天然塩)を円錐形や八角形に盛るのが一般的です。

②身につけて持ち歩く

塩には穢れを祓う効果があると昔から信じられています。身に付けて持ち歩くのも効果的です。旅行用や小分け用のミニボトルやパック、小袋などに入れておけばかさばりません。人間パワースポットとも呼ばれる、モデルのアンミカさんは塩をいつも持ち歩いているそうです。スタジオや楽屋など、邪気や良くない気を感じたら、塩をまいているというエピソードは有名です。

③塩水で拭き掃除

塩には厄除けだけでなく、殺菌や研磨効果があります。いつもの拭き掃除を塩水(バケツに一杯の水に塩大さじ1杯程度)に変えることで、部屋中に溜まった日頃の穢れを祓い、より清潔に掃除できます。赤ちゃんやペットがいるので洗剤が使えない方にもお勧めです。

【滋賀】除霊の方法について

「除霊」とは、あなたの体や周囲に取り憑いた「悪霊」を追い出すことを指します。しかし、どんな霊が取り憑いているのか調べることなく、ただ強引に追い出すことで常に問題を解決できるとは限りません。

霊能者生き霊を除霊しても効果がなかった。何も変わらない」、「お祓いを受けたら、逆に症状が悪化した」と、他所で除霊をしても効果がなくて、私どものところに来られる方も多くおられます。これは、除霊が上手くいかなかったか、もしくは、一度除霊で追い払うのに成功しても、悪霊が戻って再び取り憑いたためだと考えられます。

例えば、憑依霊があなたと因縁深い関係にある時や、強い怨嗟を抱えた霊である場合、一度除霊を行っても成仏ができず、舞い戻ってきて再び取り憑くことがあります。その場合、除霊を行う前よりも、霊障が大きくなったり、状態が悪化してしまう恐れもあります。

このように、悪霊の正体を見極めずに除霊やお祓いを行っても良い効果は期待できません。除霊を行うには、あなたと霊の因果関係や、霊が取り憑いている原因や理由を探り、除霊することが大切なのです。

霊障とは?

成仏できない霊や、生きている人間の強い怨念は、時に、人や建物などに取り憑きます。病気や謎の体調不良、人間関係のトラブルなどを引き起こします。医療や科学では解決できないような、霊によって引き起こされる不可解な現象を「霊障」といいます。原因不明の体調不良、気分の落ち込み、不眠、家庭不和など、様々な症状があります。

なぜ私たちは、霊に身体や精神を蝕まれることがあるのでしょう。日々の暮らしの中で、時に恐れや不安を感じたり、他人の怒りを買ったり、恨まれることがあります。こうした負のエネルギーを浴び続けると、体や心の抵抗力や治癒力が低下してしまい、霊の力に抗えず、悪影響が症状として現れやすくなってしまうのです。

体調不良で医療機関で診てもらっても、原因不明。理由や治療方法が分からないまま不調が長引いたり、悪化してしまったり、身の回りで起こる奇怪な出来事や、謎のトラブル続きなど、相談先がない。誰かに相談しても信じてもらえないなど、大変な思いをされている方もおられるかと思います。霊障は、他人から理解されにくいものです。症状が小さいうちに、専門家に相談した方が良い場合もあります。

憑依霊を霊視鑑定

妙瀧寺では、除霊を行う前に、代々受け継がれてきた「霊視鑑定」で霊と対話をすることで、霊が取り憑いている理由を突き止めます。霊が何者なのか、なぜ成仏できないのかを探ることで、霊の真の姿を見出だします。

取り憑いている人との関係性や霊の種類によっては、除霊が効果的です。しかし、因果関係が深い場合や怨みが強い場合には、除霊より、浄霊が相応しい場合があります。

浄霊とは?

浄霊とは、一方的に悪霊を追い払うのではなく、霊と対話して言い分を聞いた上で、時間をかけて霊を説得することで、成仏へと導く方法です。説得をすぐと受け入れてくれる霊ばかりではなく、説得をなかなか聞き入れない霊もあります。このような場合は、浄霊を重ねて行っていきます。

浄霊は非常に高度な術です。妙瀧寺では、初代住職から脈々と伝承されてきた浄霊法を用います。霊と交信して望みを問い、なだめます。法華経の経力で霊の魂は浄化され、念を残さず成仏していくのです。

「除霊」と「お祓い」の違いとは?

「お祓い」とは、神社で罪や曲事、穢れ(けがれ)を祓うことを目的とした儀式のことです。「除霊」とは、霊障を引き起こす原因の霊体を人や物から取り除いて、問題を解決する行為のことです。霊を取り除きたいときは、お祓いではなく、除霊が必要です。

滋賀県で除霊ができるおすすめの神社やお寺は?

ここでは、滋賀県内で除霊ができるおすすめの神社やお寺をご紹介させていただきます。

※「除霊」を行われていない寺社様もあるようですので、詳細につきましては各寺社様にご確認ください。

田村神社(たむらじんじゃ)

滋賀県、琵琶湖の美しい風景に抱かれたこの地域は、歴史的な神社や寺院で知られる文化的宝庫です。その中でも、田村神社は滋賀県の信仰の中心として、多くの参拝者や観光客に親しまれています。

引用http://tamura-jinja.com/

田村神社は、古くから地域の安全や五穀豊穣を祈願する場所として知られています。主祭神として崇拝されているのは、田の神としての側面を持つ神様であり、地域の農業や漁業の発展を見守り続けてきました。

神社の境内は、四季折々の自然美が楽しめる場所となっています。特に春の桜や秋の紅葉は見事で、その時期になると多くの人々がこの風景を楽しむために訪れます。清々しい空気と、緑豊かな自然は、都会の喧騒を忘れさせ、心を落ち着かせてくれるでしょう。

田村神社の建築も見どころの一つです。伝統的な日本の神社建築を体現するその姿は、歴史の深さや日本の伝統美を感じさせます。特に、鳥居や本殿の緻密な彫刻は、日本の職人技の粋を集めたものと言えるでしょう。

年間を通して、田村神社ではさまざまな行事や祭りが行われます。春の大祭や秋の収穫祭は特に規模が大きく、地域住民だけでなく、遠方からの参拝者も多く訪れます。これらの祭りでは、地域の伝統的な芸能や舞踊が披露され、神社は賑わいを見せます。

滋賀県を訪れる際には、この田村神社をぜひとも訪れてみてください。その歴史的背景と、四季折々の美しい自然、そして神聖な雰囲気を感じることができるでしょう。滋賀の魅力を一つの場所で感じることができる、田村神社は訪れる価値のあるスポットと言えるでしょう。

所在地:〒528-0211 滋賀県甲賀市土山町北土山469
ホームページ 開運厄除・交通安全 田村神社 滋賀県甲賀市土山町
御祈祷受付時間:9:00〜16:00
厄払いの初穂料:直接確認
アクセス:名神竜王ICから車で約40分 / JR草津線 貴生川からバスで約30分
駐車場:1000台分の駐車場あり
御朱印:あり

長浜八幡宮(ながはまはちまんぐう)

滋賀県に位置する長浜八幡宮は、その名の通り、古都・長浜の地に鎮座する由緒ある神社です。長浜の歴史と文化、そして人々の生活と深く結びついたこの神社は、訪れる人々に安らぎと力を与えてくれます。

引用http://www.biwa.ne.jp/~hatimang/

長浜八幡宮は、八幡神として知られる神様を主祭神としており、戦勝や商売繁盛、安全などのご利益を求めて、多くの参拝者が訪れます。歴史的には、この地域の発展や安定を支え、地域住民の守護神としての役割を果たしてきました。

神社の境内は四季折々の風情が楽しめる場所としても知られています。特に春には桜の花が咲き乱れ、神社をピンク色の花で包み込みます。また、秋には紅葉が境内を彩り、訪れる人々の目を楽しませてくれます。

長浜八幡宮の建物自体も、その歴史的価値と美しさで知られています。伝統的な神社建築の特徴を持ちながらも、長浜地域の特色を反映したデザインが随所に見られます。鳥居をくぐった瞬間から、その神聖さと歴史の重みを感じることができるでしょう。

また、長浜八幡宮では年間を通じて様々な祭事や行事が開催されます。特に注目すべきは、地域の伝統や文化を感じることができる春と秋の大祭。これらの時期には、神楽や伝統舞踊などのパフォーマンスが繰り広げられ、訪れる人々を魅了します。

滋賀県長浜市に訪れた際には、ぜひとも長浜八幡宮を訪れてその歴史と文化、そして神聖な雰囲気を体感してみてください。美しい自然と歴史的背景が融合したこの神社は、心を落ち着かせる場所として、また滋賀の魅力を感じることができるスポットとして、多くの人々に愛されています。

所在地:〒526-0053 滋賀県長浜市宮前町13-55
ホームページ
御祈祷受付時間:9:00〜随時
厄払いの初穂料:5,000円〜
アクセス:JR琵琶湖線 長浜駅から徒歩約15分 / 北陸自動車道長浜ICから車で約15分
駐車場:15台分の駐車場あり
御朱印:あり

日吉大社(ひよしたいしゃ)

滋賀県の西部、美しい琵琶湖のほとりに位置する日吉大社は、日本古来の信仰と歴史が息づく神社として知られます。この神社は、古代からの信仰の中心地として、また日本神話とも深く結びついた場所として、多くの参拝者に親しまれています。

引用http://hiyoshitaisha.jp/

日吉大社の主祭神は、大山祇神(おおやまつみのかみ)と物部大神(もののべのおおかみ)であり、山の神として、また湖の守護神としての側面を持っています。特に、琵琶湖を取り巻く美しい自然との調和が、この神社の魅力の一つです。

神社の境内は四季折々の美しさを映し出しており、春には桜、夏には新緑、秋には紅葉、冬には雪景色と、一年を通じて様々な表情を楽しむことができます。特に、日吉大社周辺の自然景観は、心を清らかにする力があると多くの人々から評価されています。

また、日吉大社は、数多くの祭りや行事が行われる場所としても知られています。中でも「日吉祭」は、古代から続く伝統的な祭りとして、多くの参拝者や観光客を魅了しています。この祭りは、神社と地域住民との深い絆を感じることができる大切な行事として、毎年多くの人々が訪れます。

神社の建物や施設も、歴史の重みを感じさせるものばかり。特に、重要文化財にも指定されている本殿は、日本の伝統的な建築美を体感することができる場所として、多くの人々に評価されています。

滋賀県を訪れた際には、ぜひ日吉大社に足を運んで、その歴史と文化、そして自然との調和を感じてみてください。日吉大社は、日本の伝統と美しい自然が融合した場所として、訪れる人々の心を魅了し続けています。

所在地:〒520-0113 滋賀県大津市坂本5-1-1

ホームページ 日吉大社 | 平安京の表鬼門鎮座 方除・厄除の大社 神仏霊場 滋賀県17番
御祈祷受付時間:9:00〜16:00
厄払いの初穂料:5,000円〜
アクセス:京阪石山坂本線 坂本比叡山口駅から徒歩約10分 / 京都東ICから車で約20分
駐車場:50台分の駐車場あり
御朱印:あり

滋賀県の神社やお寺で解決できない時は専門家へ

原因不明の病気や長引く体調不良、病院に行ってもよくならない精神疾患、そして怪奇現象や心霊現象。こういったことでお悩みの方のなかには、「どこに行けば解決できるのかわからない」という方がたくさんいらっしゃいます。

そのような方々から古くより頼りにされてきた方法の一つに、「除霊」があります。

なかには、お祓いやご祈祷で除霊ができると思っている方もおられるかもしれません。しかし、「お祓い」は神社で曲事や穢れ(けがれ)を祓う行為、「御祈祷」は神様や仏様に祈りを捧げることを指します。

対して「除霊」は霊体を対象から取り除き、霊障や障害を解決するための効果や結果を伴う行為のこと。それぞれでは役割や効果が全く異なるため、状況に応じて使い分ける必要があります。

大阪府の妙瀧寺(みょうりゅうじ)では、除霊の専門家が取り憑いている悪霊を調べる「憑依霊鑑定」を行ったうえで、お祓いや除霊、浄霊を施します。LINEのビデオ通話を用いたご相談にも対応しておりますので、まずは気軽にお悩みをお聞かせください。

【滋賀】のご相談事例

ここでは滋賀県在住の方々からいただいた、ご相談事例の一部をご紹介させていただきます。

体調不良が続く 【東近江市 40代女性】

この1年ほど体調がかなり悪いです。

症状としては吐き気、憂鬱感、動悸、胃付近が

すごく気持ち悪くなります。

総合病院など4箇所の病院で検査してもらったのですが、血液検査、内視鏡カメラ、エコー、心臓付近のレントゲンでの検査では異常は見つかりませんでした。

最終的には心療内科の受診を勧められましたが、適当な病名をつけられて薬漬けにされるのが落ちだと思います。

会社の人間関係がストレスになっているのでは?

と考えたこともありましたが、最近では、生き霊が原因なのではないか?と思うことがありご連絡させて頂きました。よろしくお願い致します。

鬱病が治らない 【大津市 40代男性】

30代の頃からうつ状態を繰り返し、転職も繰り返しています。

元々は運送関係の仕事をしていましたが、今は全くちがう仕事をしています。仕事にやりがいを感じており人間関係も良い仕事です。

また、仕事に出れば頼られる部分もありますが、どうしても会社に行くことが出来ません。

最近は生きている意味さえ分からなくなってしまっています。

今まで、占いやスピリチュアルな事にはさほど感心がなかったのですが、霊感のある知人に「悪い霊がついている」と言われました。

正直、一般の方に見てもらっただけでは信じられず、色々と調べた結果、こちらに辿り着きました。一度、見ていただきたいです。

精神疾患が治らない 【長浜市在住 10代女性】

娘は、高校3年です。

現在、精神科に通っており不安障害との診断を受けております。

最近、誰かに監視されているような衝動に襲われたり、1人で笑ったり、独り言をしゃべります。

体調も悪く、頭痛、吐き気、倦怠感などがあります。

病院に通っていてもなかなか良くならず、薬の量ばかりが増えていきます。

なんらかのきっかけになればと思いご連絡させて頂きました。

過去のご相談事例

【体調不良について】

原因不明の病気・体調不良が続く・奇病・難病

【精神の不調について】

・統合失調症・うつ病・双極性障害(躁鬱病)、強迫性障害(強迫神経症、不安神経症)、パニック障害、摂食障害(拒食症・過食症)、心身症、チック症・対人恐怖症・自閉症・発達障害・アスペルガー症候群、ADHD(注意欠陥多動性障害)、ストレス障害、適応障害、自律神経失調症、

【家庭内の問題について】

ひきこもり・ニート・不登校・家庭内暴力・家の中で起こる怪奇現象や心霊現象(家のお祓い)

【過去のご相談事例】

▶︎妙瀧寺・水野行清 | お祓い・除霊なら大阪・京都・神戸・兵庫・関西・全国

ご相談者様からのお喜びのお手紙(除霊体験談)

当寺院では初代住職の頃より、約70年にわたり「霊視鑑定・お祓い(除霊)」を専門に行ってまいりました。

その実績は多数のテレビ番組でも紹介されました。中高年の方なら、お昼の人気テレビ番組でもありました『東芝ファミリーホール特ダネ登場!?』 や「3時のあなた」などに出演しておりました、先代住職をご覧になって頂いた方もいらっしゃるかもしれません。

※写真は当寺院第二世 龍泉院日明上人

これまでの除霊実績は多数に上り、ご依頼者様から頂戴した「感謝のお手紙」も、数えきれないほどになりました。

◆ご相談内容『声が聞こえてくる』

大阪府枚方市在住の30代女性E様

「私は結婚して8年になりますが主人と結婚してすぐに、この世のものとは思えない声が聞こえてくるようになりました…様々な病院に通いましたがよくなりませんでした。

私は昔から霊感が強く時々見たことのない女の人の姿を見ることがあり、声が聞こえてくることと関係しているのではないかと思い水野ご住職に相談に伺いました。熱心に話を聞いていただき、鑑定の結果、主人を恨んでいる女性の生き霊が原因していることがわかりました。

この女性は主人と一緒になりたかったようで、私と幸せな家庭を作らせたくない、という思いが色情の因縁となり、声の原因となっていたようです。この女性の生き霊を引き離すご祈祷(お祓い・除霊)を施していただくにつれ、聞こえていた声が次第に小さくなっていきました。感謝の気持ちでいっぱいです本当にありがとうございました!」

◆ご相談内容『不思議な現象』

兵庫県在住の50代ご夫婦Y様

「私たち家族が借家に住んで7ヶ月位経った時に、たまに不可解な現象が起きるようになりました。

1階の私の部屋の真上が次男の部屋なのですが、天井を駆けずり回る音やパチン、パチンという音がひと月になん回も起こります。

だいたい決まった時間で夜中の3時頃。最初はねこ?と思いましたが、1階の天井にねこがどうやってバタバタバタバタと凄まじく駆け回れるでしょう。

自分でネットで調べて盛り塩をしたり、霊能者の方に家のお祓いをしていただきましたが、何ヶ月たっても一向にこの現象は収まらず、怖くなり、水野先生にご相談しました。 水野先生に鑑定していただいた結果、実は、半年前に私の父が前の家で自殺し、それをきっかけにこの家に引っ越してきたのですが、亡くなった父が成仏できずに知らせていることがわかりました。

水野先生に亡くなった父の浄霊(お祓い・除霊)を施していただき、父の霊が成仏するとともに不可解な現象はなくなりました。亡くなった父の思いに気づくことができて本当によかったです、水野先生ありがとうございました。」

◆ご相談内容『無気力ニート』

大阪府在住の50代女B様

「27歳の次男が、大学卒業後、定職につかず、無気力でニートの状態になって困っておりました。何とか次男にしっかりしてほしいと思い、水野ご住職に相談に伺いました。

鑑定の結果、実はうちには長男と次男の間にもう1人男の子がおり、不慮の事故により幼くして亡くなったのですが、恥ずかしいお話ですが、うかつにも私たち夫婦はその子の供養をしておらず、供養を求めて次男に憑依して知らせようとしていたことが判明しました。

水野ご住職に浄霊を施していただき、月に1度の浄霊(お祓い・除霊)を施していくことで、次男は気力を取り戻し現在では運送関係の仕事に就職して元気に働いております。水野ご住職心より感謝申し上げます」

過去のご相談者様からのお喜びの声(動画)

➡︎ ご相談者様の声 | 妙瀧寺・水野行清(除霊体験談)

妙瀧寺住職 水野行清のプロフィール

霊障や霊的な事柄の可能性があると思った場合

は、霊能者の家系に生まれたお祓いや除霊の専門家、修業を積んだ妙瀧寺の四代目住職・水野 行清(みずの ぎょうせい)にお気軽にご相談ください。御祈願や御祈祷、お祓いでは解決できないお悩みがある方にも、全力でお力添えいたします。

※基本的には妙瀧寺にお越しいただいてのご相談をお願いしておりますが、昨今の事情もあり、現 在ではLINEのビデオ通話を使用したお祓い・除霊のご相談もお受けしております。

大阪・京都・神戸・兵庫・関西・全国での
お祓い・除霊(浄霊)相談・霊視鑑定・霊障相談なら水野行清へ

080-3773-8140
目次