滋賀のお祓いで有名な神社やお寺は?効果は? 祈祷・厄除けとの違いを専門住職が解説

水野行清
目次

滋賀県でお祓いをお考えの方へ 

お祓いとは、穢れ(けがれ)を祓うことを目的とした儀式のことです。

おもに会社経営がうまくいかない時や病気、悪いことが続くときに「災いをもたらす幽霊を祓うときに行うもの」だと思われがちですが、お祓いの本来の目的は心身や空間、ものを浄化することです。そのため、開運を願うときや人生の節目が訪れたときにも行っていただけます。

この記事では、知っているようで実はよく知らない、お祓いの種類や流れ、料金や服装マナーなどの基本情報をまとめて解説します。お祓いの種類や料金、祈祷・除霊との違いをしっかりと知って、必要なときに役立ててみてください。

1.「お祓い」と「祈祷」、「除霊」の違いとは?

お祓い、祈祷、除霊は混同されがちですが、明確な違いがあります。まずは、それぞれの目的や役割を説明しますので、しっかりと違いを整理しておきましょう。

お祓いとは

祓(はらい・はらえ)とは、罪や穢れ、厄災などといった不浄を心身から取り除くことを目的とした行為です。「悪いことが続いたときにお祓いに行く」というイメージを持っている方は多いかもしれませんが、ほかにもさまざまなシーンで行っていただける神事です。

お祓いを受けるタイミングとしては、厄年の年齢時や新たに家・車等を入手したときなどが多い傾向にあります。人生の節目を迎える際に、心機一転のためにお祓いへ行く方も数多くいらっしゃいます。

御祈祷とは

御祈祷とは、神主や僧侶が神様や仏様に対して祈りを捧げて、期待する結果になるように祈る宗教行為や儀礼のことです。なお修業した専門家に依頼せず、自分で祈ることを「御祈願」といいます。

特定の神様などを崇拝していない方でも、交通安全や安産祈願、恋愛成就といったご利益を願って有名なパワースポットを訪れたり、お宮参りや七五三といった通過儀礼行事は経験したことがあるでしょう。こういった一般的に親しまれているお祈りや行事なども、実は御祈祷や御祈願に含まれるのです。

お祓いで穢れを取り除いて、清らかな状態にしてから御祈祷を行うことが一般的な流れです。御祈祷だけを行っても不浄を浄化することはできませんので、注意しましょう。

厄除けとは

厄除けとは、厄災から身を守るためにお寺で御祈祷をしてもらうことです。悪いことや災いを予防する意味合いが強い点が特徴的ですが、神社で行う祓(はらい・はらえ)が「お祓い・厄祓い」、お寺で行うものが「厄除け」であると考えておけば問題ありません。

お祓いと厄除けは、どちらを行っても構いません。ご自身の信仰にまつわる場所はもちろん、地元で関わりの深い神社やお寺、ご利益があると有名なパワースポットにお願いする方もいらっしゃいます。

除霊とは

除霊とは、霊障や障害を引き起こしている原因である生き霊などの霊体を対象者(または対象物)から取り除き、霊障や障害を解決するための行為のことです。お祓いは、穢れを祓って心身や空間を清めたうえで御祈祷するのに対し、除霊は霊障の原因となる霊を強制的に取り除く行為であるという違いがあります。

お祓いやご祈祷で除霊ができると思っている方もおられるかもしれません。しかし、ご祈祷は“神様や仏様に祈りを捧げること”であり、“霊障や障害の除去”が期待できるのは除霊だけであるため、全くの別物だと理解しておきましょう。

2.滋賀の神社で行うお祓いのマナーと手順

滋賀県にお住まいの方の中には、実際に神社でお祓いを受けたいと考えている方もいらっしゃることでしょう。お祓いの効果は、単に神社へ参拝するだけでは受けることができません。

お祓いのスムーズな依頼・進行のためにも、ここでは儀式の具体的なマナーや流れについてみておきましょう。

2-1.お申し込み

お祓いの申し込み方法は神社やお寺によって異なるため、ホームページで事前に確認しておきましょう。Webサイトや電話で申し込める場合もありますが、予約不要で当日受付に対応してくれるところもあります。また、参拝時に直接申し込むことも可能です。

ただし、お正月や七五三などのシーズンは繁忙期で依頼者がとても多いため、予約外の対応ができないケースがあります。念のため、前もって予約を確認しておくことをおすすめしております。

2-2.当日の受付

お祓い当日は境内の手水舎で手を洗い、口をすすいで清めてから受付を済ませましょう。受付のときは、神様や神主に対する感謝の気持として「初穂料」と呼ばれる謝礼を納めます。

その後、儀式が開始されるまで待合室で待機します。予約の時間になって自分の名前が呼ばれたら、いよいよお祓いのスタートです。

2-3.祝詞奏上(のりとそうじょう)→ 神楽(かぐら)→玉串拝礼

神社でのお祓いは、以下の3つの流れで進んでいきます。

  1. 祝詞奏上
  2. 神楽
  3. 玉串拝礼

はじめに神主が祓詞(はらえことば:神様の力で罪や穢れなどを祓い清めてもらうための祝詞)を秦上します。この際、参拝者の頭上で榊や紙の幣を左右に振り、災厄を心身から取り払うためのお祓いを行います。祓い清めるのは人に限らず、家や車等も対象に含まれる点が特徴です。

次いで「神楽」と呼ばれる、巫女による舞や鈴を使ったお祓いが行われます。場を浄化したり神様を引き寄せたりすることが、神楽を行う目的です。

最後に、「玉串(榊の枝)」を神様に捧げて拝礼します。玉串拝礼の作法は、「2拝2拍手1拝」が一般的ですが、神社によって異なる場合もあります。その場合は説明や指示がありますので、初めての方でも迷わずに行っていただけるでしょう。

2-4.お札やお守りの授与

お祓いが終わったら、お札やお守りをもらいます。お祓いの効果を持続させるためにも、受け取ったお札などは大切に保管しましょう。

以上が、滋賀の神社でお祓いを受けるときの流れとなります。

ただし、本記事でご紹介したのはあくまで一般的な流れで、神社によって内容が異なる場合があります。実際にお祓いを受ける際は、ホームページもしくは電話で詳細をご確認ください。

滋賀のお祓いにふさわしい服装マナー

神社に訪れてお祓いを受けるときの服装は、礼服やスーツ、女性ならワンピースなど、正装やフォーマルな服装が好ましいとされています。もし、フォーマルな服をお持ちでいない場合は、ダークトーンの落ち着いた色やデザインの服装を選びましょう。

肌の露出が多い服やデニム、サンダル、スリッパなど、あまりにもカジュアルな服装は神社へのお参りやお祓いの場には不適切です。神社によってはWebサイトに服装規定が記載されている場所もあるため、確認して指示があれば従いましょう。

また、境内に訪れる前には入浴やシャワーで体を清めて、境内に穢れを持ち込まないようにすることがマナーです。

神社は、文字通り特別で神聖な場所です。お祓いの効果を最大限に高めたり開運効果を得たりするためにも、しっかりと服装のポイントを押さえておきましょう。

3.滋賀の神社で受けられるお祓いの種類

一口にお祓いと言っても、成就させたい願いや目的によってさまざまな種類に分類できます。滋賀の神社で受けられるお祓いは、大きく分けると以下の3種類(+α)です。

  1. 人のお祓い
  2. 家のお祓い
  3. 自動車等の乗り物のお祓い

ご自身に必要なお祓いを見極めてしっかりとご利益を得られるよう、それぞれの種類について詳しく解説いたします。

人のお祓い

人のお祓いは、厄除け、厄払い、厄落としとも言われています。これらの儀式は異なった役割を持っているため、区別しておくことが大切です。

  • 厄除け:厄災が自分に寄って来ないように御祈祷してもらう儀式
  • 厄払い:すでに身についてしまった厄を取り払う儀式
  • 厄落とし:これ以上悪くなることがないよう、自ら厄災を作り出す儀式

こういった人のお祓いは、一般的に厄年の人や、災難が続いている人が行います。厄が身についていると、災難が降りかかりやすくなると信じられているためです。

厄年は数え年で、男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、61歳です。なかでも男性の42歳、女性の33歳は「大厄」と言い、前後1年の前厄と後厄を含めた三年の間は特に注意が必要とされています。

厄年の頃は、仕事や家庭環境など人生の転機を迎える節目の時期と重なります。心身ともに大きな変化があり、災難に遭いやすいことから、気をつけたほうがいいと言われているのです。

厄年を迎えると、不安な気持ちが芽生えることもあるかもしれません。そのようなときはお祓いを受けることで、不安を取り除いたりリフレッシュしたりする効果が得られることでしょう。

家のお祓い

家のお祓いは、おもに新築や引っ越しなどで新しい住居に住む前に、安心安全を願って行います。新築工事の前に土地のお清めと工事の安全を祈願する「地鎮祭(じちんさい)」や、引っ越しの入居前に住居を清める「家祓い(やばらい)」、「清祓い(きよはらい)」などが代表的な例です。

購入・賃貸問わず、中古物件の場合は「以前の入居者のよくないものが残っているかもしれないから」と、お祓いする方の数がとくに多くなります。お祓いをしても直感的に何かよくない気配を感じる場合は、霊障の可能性も考慮して除霊を行うことをおすすめします。

乗り物のお祓い

高速走行できる自動車やバイクは、常に事故の危険と隣り合わせです。新たに車やバイクなどを購入した際に行う「車祓い(くるまばらい)」は、事故を防いで交通安全を祈願するために行うお祓いです。

タクシー会社や運送会社などのなかには、ドライバーの安全運転への意識を引き締めるために毎年お祓いするところもあります。自動車事故に遭い(起こした場合も)、事故車が修理から戻ってきたときに、「よくないものを落としたい」という理由からお祓いを行う方もおられます。

その他のお祓い

ほかにも、日常生活の中でついた穢れや犯した罪を祓い清める「大祓え(おおはらえ)」、方角における不吉を避けるための「八方除け(はっぽうよけ)」、生まれ星の吉凶に応じて行う「星除け(ほしよけ)」といったお祓いがあります。

また、「初宮詣」や「七五三詣」、「安産祈願」、「病気平癒」、「必勝祈願」、「合格祈願」など、御祈願や御祈祷も含めてお祓いと同一視する考え方もあります。いきなり本格的なお祓いを行うことに抵抗がある場合は、ご近所の寺院や旅行先の有名なパワースポットでお願い事をすることからはじめてみることがおすすめです。

4.滋賀のお祓いで得られる効果と料金

ここでは、これから滋賀でお祓いを受けたいと考えている方に向けて、効果と料金について解説します。

滋賀で受けるお祓いの効果

お祓いをしても、目に見えるメリットが得られないことがあります。しかし、お祓いという儀式を行うことで、物事や気持ちをリセット&リスタートするきっかけになり、前向きに日々の生活を送れるようになるという効果があります。

「効果が科学的に立証されていない」という理由からお祓いの効果に懐疑的な人がいる一方で、お祓いを行う方がたくさんおられるのも事実です。お祓いでよくないものが取り除かれたと実感した方や、儀式を行うことで気持ちがすっきりして前向きになれた方も大勢いらっしゃいます。

また、「お祓いをしなかったことでデメリットが生じるよりは、やっておいたほうがいい」という考え方をされる方も少なくありません。捉え方や考え方次第でポジティブになれるなら、お祓いを利用してみてもいいのではないでしょうか。

滋賀で受けるお祓いの料金はいくら?

お祓いのお礼として納めるお金を「初穂料(はつほりょう)」と言います。初穂料は神社によって異なりますが、近年は公式サイト(ホームページ)に初穂料が記載されている場合が多いため、あらかじめ確認しておくと安心でしょう。

滋賀県に限らず、初穂料の相場は一般的に5,000円~10,000円だと言われています。お祓いを受けるときは、最低でも5,000円程度は用意しておいたほうがいいでしょう。

日本の歴史を紐解いてみると、初穂はもともと「その年に初めて収穫された農作物」のことを意味していました。豊作の喜びや感謝の意味を込めて初穂を神社に奉納する習慣が転じて、現金のお供えを初穂料と呼ぶようになったのです。

こういった初穂の由来からも、できれば旧札よりは新札で支払うことが好ましいと考えられています。また、現金むき出しで渡すよりも、のし袋に入れて納めたほうがスマートでしょう。

5.滋賀のパワースポットで有名なお祓いができる神社・お寺をご紹介

ここでは、これから滋賀でお祓いを受けたいと考えている方に向けて、パワースポットで有名な神社、お寺をご紹介します。

竹生島神社

滋賀県に位置する、日本屈指の淡水湖・琵琶湖。その中央部に浮かぶ神秘的な竹生島には、歴史と伝説が息づく竹生島神社が鎮座しています。

引用http://www.chikubusima.or.jp/

竹生島神社は、日本の風土と古代の信仰が結実した場所として知られています。神社は、天津神・瓊々杵尊と国津神・宇賀神を主祭神としており、古代からの信仰が色濃く残るこの場所は、多くの参拝者や観光客が訪れる人気のスポットとなっています。

神社の境内は、四季折々の風情が楽しめる場所としても高く評価されています。春の新緑、夏の蝉時雨、秋の紅葉、冬の静寂。それぞれの季節に竹生島を訪れると、異なる風景や情緒を体感することができます。

また、竹生島神社は、国の重要文化財にも指定されている神社建築を持つ。これらの建物は、日本の伝統的な建築技術と美意識が反映されたものとして、多くの人々から注目されています。特に、湖上に浮かぶように建てられた拝殿は、その美しさと神秘性で多くの人々を魅了しています。

この神社へのアクセスもまた、一般的な神社とは一味違います。湖上の島であるため、船での渡御が必要となりますが、この船旅もまた訪れる者にとっては特別な体験となっています。

竹生島神社は、滋賀県、そして日本全体の歴史や風土、信仰の中心地としての役割を果たしてきました。琵琶湖の中央、静かに時を刻むこの神秘的な島を、ぜひ訪れてその魅力を自らの目で確かめてみてください。歴史と自然が織りなす、唯一無二の風景があなたを待っています。

◆竹生島神社(ちくぶじまじんじゃ)
所在地:〒526-0124 滋賀県長浜市早崎町1821
ホームページ 竹生島神社
御祈祷受付時間:直接確認 ※メールにて事前予約
厄払いの初穂料:直接確認
アクセス:長浜港から約30分 / 今津港から約25分
駐車場:なし
御朱印:あり

立木神社

滋賀県には数々の歴史的・文化的な名所が点在していますが、中でも立木神社は特別な場所として多くの訪問者を魅了しています。この神社は、古くから地域の守護として信仰されてきた、神聖な場所として知られています。

引用https://tatikijinja.net/

立木神社の鳥居をくぐると、まず目に飛び込んでくるのは、厳かな雰囲気を持つ本殿です。この本殿は、伝統的な建築様式を採用しており、一歩足を踏み入れると時が止まったかのような感覚に包まれます。

境内には、四季折々の花や木々が植えられており、特に春には桜の花が咲き乱れ、多くの訪問者がその美しさに息をのむことでしょう。また、境内には池もあり、そこに生息する鯉たちが水面を泳ぐ姿は、訪れる人々に穏やかな時をもたらしています。

立木神社には、多くの祭りやイベントも行われています。中でも秋の祭りは、地域の人々にとって大切な時期となっており、伝統的な舞や音楽が披露されることで知られています。

滋賀県を訪れた際には、立木神社を訪れることをおすすめします。その歴史と文化、そして自然の美しさを満喫することができるでしょう。

◆立木神社(たちきじんじゃ)
所在地:〒525-0034 滋賀県草津市草津4-1-3
ホームページ 立木神社【厄除開運・交通守護】
御祈祷受付時間:9:00〜16:00 ※要予約
厄払いの初穂料:6,000円〜
アクセス:草津駅東口から徒歩約15分 / 栗東ICから車で約12分 / 瀬田東ICから車で約15分 / 草津田上ICから車で約17分
駐車場:40台分の駐車場あり
御朱印:あり

近江神宮

滋賀県大津市、琵琶湖のほとりに位置する「近江神宮」は、日本の歴史と文化を感じることができる神社として、多くの訪問者を魅了しています。

引用https://oumijingu.org/

近江神宮は、日本初の天皇である神武天皇を主祭神としており、その歴史は古くから日本の皇室や国の守護と深く結びついています。神宮の境内は広大で、伝統的な建築様式が現代にもしっかりと受け継がれていることが確認できます。その美しい建築と整然とした庭園は、訪れる者に心の安らぎと癒しを提供してくれます。

四季折々の美しさを楽しめるこの神宮では、春には桜の花が満開となり、その美しさは訪問者を魅了します。一方、秋には紅葉が神宮の境内を彩り、情緒あふれる風景を楽しむことができます。

近江神宮は、年間を通じて様々な祭りや行事が行われており、その中でも春の例大祭や秋の収穫祭は特に多くの参拝者で賑わいます。これらの祭りでは、伝統的な神楽や舞が奉納され、日本の伝統文化を間近で感じることができます。

滋賀県を訪れた際には、歴史と自然の美しさを持つ近江神宮を訪れることを強くおすすめします。一度、その魅力を体験すれば、きっと心の中に深く刻まれることでしょう。

住所 滋賀県大津市神宮町1-1[1]

HPhttps://oumijingu.org/

建部大社

滋賀県の大津市に鎮座する「建部大社」は、長い歴史を有する古社として知られ、地域の人々や観光客から深く信仰されています。

引用http://takebetaisha.jp/photo/

建部大社の歴史は古く、古事記や日本書紀にもその名が記されています。祭神としては、建部命を主祭神とし、その他の神々も合わせて祀られています。建部命は、農耕や五穀の神として信仰され、収穫の豊穣や家族の安泰を願う多くの参拝者で絶えず賑わっています。

境内は静謐な雰囲気に包まれており、古木が立ち並ぶ中を歩くことで、日常の喧騒から離れ、心の安らぎを得ることができます。特に、四季の移り変わりを感じることができる境内は、春には桜、夏には新緑、秋には紅葉と、それぞれの季節の風情を楽しむことができます。

建部大社には、年間を通じて多くの祭事や行事が行われています。中でも春と秋の大祭は、伝統的な神楽や舞が奉納されるほか、地域の特産品が並ぶ出店も立ち並び、多くの人々でにぎわいます。

滋賀県を訪れた際、建部大社は絶対に外せないスポットの一つです。その深い歴史と美しい自然、そして四季折々の風情を感じながら、日本の伝統と文化を体験することができるでしょう。

住所 滋賀県大津市神領1丁目16-1

HPhttp://takebetaisha.jp/

6.お祓いか除霊かを迷ったときは滋賀県の専門家へ

原因不明の病気や長引く体調不良、病院に行ってもよくならない精神疾患、そして家の中で怪奇現象や心霊現象が起こる、悪いことが続くなどこういったことでお悩みの方のなかには、「どこに行けば解決できるのかわからない」という方がたくさんいらっしゃいます。

そのような方々から古くより頼りにされてきた方法の一つに、「除霊」があります。

なかには、お祓いやご祈祷で除霊ができると思っている方もおられるかもしれません。しかし、お祓いは神社で曲事や穢れ(けがれ)を祓う行為、御祈祷は神様や仏様に祈りを捧げることを指します。

対して「除霊」は霊体を対象から取り除き、霊障や障害を解決するための効果や結果を伴う行為のこと。それぞれでは役割や効果が全く異なるため、状況に応じて使い分ける必要があります。

大阪府の妙瀧寺(みょうりゅうじ)では、除霊の専門家が取り憑いている悪霊を調べる「憑依霊鑑定」を行ったうえで、お祓いや除霊、浄霊を施します。LINEのビデオ通話を用いたご相談にも対応しておりますので、まずは気軽にお悩みをお聞かせください。

7.【滋賀】のご相談事例

ここでは滋賀在住の方々からいただいた、ご相談事例の一部をご紹介させていただきます。

うつ病が治らない 【大津市在住 30代女性】

私は心療内科に通う30代女性です。

うつ病で体がだるく、倦怠感があり、不眠症が酷くて、趣味をしても、何をしても心がしんどいです。

薬を変えてみたり、病院を変えたりしていますが一向に良くならないばかりか年々ひどくなっていくばかりです。

最近になって霊の仕業なのではないか?と考えるようになりご相談させて頂きました。

原因不明の体調不良が続く 【草津市 40代男性】

約一年前から原因不明の体調不良があります。

症状は腰痛で最初は整形外科でレントゲンやMRIを撮りましたが異常無しでした。

総合診療科にも行きましたがハッキリとした原因もわからぬまま帰されました。

それから半年が過ぎたころに不眠症と、うつ症状になり何件もの病院へ行きました。

最終的には精神病にされ、精神安定剤が処方されましたが逆に悪化してしまいました。

どこに相談すれば良いのか分からず色々なところを探している時にこちらを見つけました。

よろしくお願い致します。

精神疾患が治らない 【長浜市在住 10代女性】

娘は、高校3年です。

現在、精神科に通っており不安障害との診断を受けております。

最近、誰かに監視されているような衝動に襲われたり、1人で笑ったり、独り言をしゃべります。

体調も悪く、頭痛、吐き気、倦怠感などがあります。

病院に通っていてもなかなか良くならず、薬の量ばかりが増えていきます。

なんらかのきっかけになればと思いご連絡させて頂きました。

8.過去のご相談事例

【体調不良について】

原因不明の病気・体調不良が続く・奇病・難病

【精神の不調について】

・統合失調症・うつ病・双極性障害(躁鬱病)、強迫性障害(強迫神経症、不安神経症)、パニック障害、摂食障害(拒食症・過食症)、心身症、チック症・対人恐怖症・自閉症・発達障害・アスペルガー症候群、ADHD(注意欠陥多動性障害)、ストレス障害、適応障害、自律神経失調症、

【家庭内の問題について】

ひきこもり・ニート・不登校・家庭内暴力・家の中で起こる怪奇現象や心霊現象(家のお祓い)

【過去のご相談事例】

▶︎妙瀧寺・水野行清 | お祓い・除霊なら大阪・京都・神戸・兵庫・関西・全国

9.ご相談者様からのお喜びのお手紙

当寺院では初代住職の頃より、約70年にわたり「霊視鑑定・お祓い(除霊)」を専門に行ってまいりました。その活動は多数のテレビ番組でも紹介されました。

中高年の方なら、お昼の人気テレビ番組でもありま した「3時のあなた」などに出演しておりました、先代住職をご覧になって頂いた方もいらっしゃるかもしれません。評判を聞いて青森や四国などの遠方から来られる方や、よくなってからも会いに来て下さる方もいらっしゃいます。

皆様の幸せに貢献できることが、私の一番の幸せでもあります。

これまでにいただいた鑑定依頼は、多数に上り、ご相談者様から頂戴した「感謝のお手紙」も、数えきれないほどになりました。

※写真は当寺院第二世 龍泉院日明上人

◆ご相談内容『統合失調症が治らない』

「23歳の娘の幻聴、幻覚がよくなりませんでした。何人かの声が聞こえてきて自分をコントロールできなくなる事がありました。

いろいろな病院を変えましたが、一向に良くなることは無く、水野ご住職の元へ相談に伺いました。

鑑定の結果、主人が過去に付き合っていた女性の生霊が原因となっていることがわかりました。

娘に憑依している生霊を除霊していただきました。生霊が離れていくにつれ、娘の幻聴や幻覚が収まっていきました。本当にありがとうございました」

◆ご相談内容『原因不明の頭痛』

「長年、原因不明の頭痛が続いており、非常に辛い状態が続いていました。

様々な病院(6箇所以上)に行きましたが、異常無し(心因性かも?)との診断でした。

もしかすると何かに取り憑かれているのではと思い、水野先生にご相談させていただきました。

鑑定の結果、昔に住んでいた家の地縛霊(この家で亡くなったお爺ちゃんの霊)が原因でした。

この地縛霊の供養を施していただくにつれ、頭痛は徐々に改善していきました。

水野先生、本当にありがとうございました」

◆ご相談内容『家の中で怪奇現象、心霊現象』

「私たちが今の家に住んで3ヶ月位経った時に、不思議現象が起きるようになりました。

長男の部屋で人のいる気配や人影が見えるようになり、長男は怖がって自分の部屋で寝ることができなくなりました。

普段、お世話になっている近所のお寺さんに家のお祓いをしていただきましたが、この現象は収まらず、水野先生にご相談しました。 

水野先生に鑑定していただいた結果、実は、私の母親は事故死しており、母親が成仏できずに知らせていることがわかりました。

水野先生に亡くなった母親の浄霊を施していただき、母親の霊が成仏するとともに不可解な現象はなくなりました。亡くなった母親の思いに気づくことが出来ました。水野先生ありがとうございました。

過去のご相談者様からのお喜びの声(動画)

➡︎ ご相談者様の声 | 妙瀧寺・水野行清

妙瀧寺住職 水野行清のプロフィール

➡︎ 水野 行清からのご挨拶 | 妙瀧寺・水野行清

霊障や霊的な事柄の可能性があると思った場合は、霊能者の家系に生まれたお祓いや除霊の専門家、修業を積んだ妙瀧寺の四代目住職・水野 行清(みずの ぎょうせい)にお気軽にご相談ください。御祈願や御祈祷、お祓いでは解決できないお悩みがある方にも、全力でお力添えいたします。

※基本的には妙瀧寺にお越しいただいてのご相談をお願いしておりますが、昨今の事情もあり、現 在ではLINEのビデオ通話を使用したお祓い・除霊のご相談もお受けしております。

大阪・京都・神戸・兵庫・関西・全国での
お祓い・除霊(浄霊)相談・霊視鑑定・霊障相談なら水野行清へ

080-3773-8140
目次