【加古川市】厄祓い・厄除けで有名な神社やお寺は?厄払い・厄除けの効果や厄年とは?除霊専門家の住職が解説 

水野行清
目次

加古川市で厄払い・厄除けをお考えの方へ

この記事では、加古川市内で厄払い・厄除けができる神社やお寺の紹介、意味や効果について。また厄年とは何か?などについて解説してまいります。最近、体調不良が治らない方や、悪いことやトラブルが多い、物事がうまくいかないなどでお悩みの方に必要な基礎知識をまとめておりますので、ぜひご参考にご覧ください。

【加古川】厄除け・厄祓いの意味や効果とは?

厄払い・厄除けとは?

日常のうちに知らず知らずのうちに触れてしまっている罪や穢れを清めるための儀式。特に男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳が厄年にあたり、この年になると積もり積もった穢れが病気や事故などの災いを引き起こすと言われています。そのため、多くの方が厄年になるとご祈祷を受けます。

ですが、厄除け・厄祓いはこうした災いを振り払うだけでなく、その年齢に達したことに感謝し、心新たにこれからの人生を迎えるもの。一生のうち3度の厄年ですから、ぜひ厄祓いや厄除けを受けて、一年間を健康にお過ごしください。

【加古川】厄年とは何か?

厄年の意味について

厄年は、肉体的にも社会的にも大きな変化が訪れる人生の節目の年と言われており、災いが起こりやすいとされています。

厄年の起源は平安時代といわれており、現代でも厄除け、厄払いの文化は深く根付いています。前厄・本厄・後厄に当たる三年間に、邪気や災いが寄ってこないように行われるのが厄除けや厄払いです。

そのため、人々は古くから厄祓いや厄除けを受けて、健康を祈願してきました。厄祓い・厄除けは、災いが降りかからないように厄を落とすだけではなく、その年齢に達したことに感謝するとともに、人生の節目にあたって身を慎み、これからの人生を迎える心の準備をするという意味合いが含まれています。それゆえに、今も多くの人が厄祓いや厄除け祈願を受け、心を新たにされています。

男性の厄年の年齢、女性の厄年の年齢とは?

厄年は人生の節目にあたり、精神的にも肉体的にも変化が大きい年で、本人や周囲の人々に災いが訪れやすくなると言われています。厄祓いや厄除けをしてもらうために、お寺や神社に訪れる人も多いのではないでしょうか。

男性の厄年は25歳、42歳、61歳、女性の厄年は19歳、33歳、37歳です。

厄払い・厄除けはいつまでに行くのが良い?

厄祓い・厄除けを受ける期間は、年明けから節分までが一般的です。1月や2月になると厄除け祈願祭などを大々的に行う神社やお寺もあるので、この時に受けにいくのも良いでしょう。ただ、祈願祭の間は混雑が予想されるため、待ち時間が発生するかもしれません。人が少ない時に静かに祈願を受けたいのであれば、祈願祭は避けできるだけ平日を選ぶことをおすすめします。

加古川市での厄払い・厄除けは神社?お寺?どっち?

厄祓い・厄除けは、お寺や神社で行われています。厳密に区別されているわけではありませんが、厄祓いは神社で、厄除けはお寺で行われるのが一般的です。

厄払い・厄除けの神社やお寺の選び方について

厄祓い・厄除けは、心や体についたけがれを清め、無病息災を祈願・祈祷する儀式。神社で行われるものを「厄祓い」、お寺で行われるものを「厄除け」と言いますが、あまり厳密な区別はなく、厄除けを行なっている神社もあれば、厄祓いを行うお寺もあります。

どの神社もしくはお寺を選べばいいのか?と迷う方もおられるのではないでしょうか。

お寺や神社には、神様や仏様をお祀りすることになった由緒があり、それによって、特にご利益が高い得意分野があります。

お寺や神社を選ぶ際は、ご利益だけではなく雰囲気や立地も大切な要素となりますので、あなたのフィーリングに一番合った神社やお寺を選びことが良いでしょう。

加古川市の厄払い・厄除けで効果がある最強の神社やお寺は?

ここでは、加古川市内の厄払い・厄除けで効果絶大な最強の神社やお寺をご紹介させていただきます。

一年を健やかに過ごすためにも、自分の心を見つめ直すためにも、厄祓いや厄除けを受けることは大切です。そこで、加古川市内で厄祓い・厄除けを受けることができる有名なお寺や神社をご紹介いたします。どこに行けば良いのか分からない、と迷った時に参考にしていただければ幸いです。

日岡神社(兵庫県加古川市)

基本情報

兵庫県加古川市加古川町大野に鎮座する神社です。式内社「日岡坐天伊佐佐比古神社」は当社に比定されています。

当社の創建・由緒について、江戸時代の地誌『播磨鑑』の引く社記によれば概ね次のように記されています。

神武天皇の東征の砌、備前国の高島宮から摂津国へ向かう途中、「荒振神」が天皇に背き悪行を為して悩ませた。
そのとき国津神の「伊狭々辺(イササベ)命」が謀を奏し、神武天皇はこれを信じて御祖神の玉依姫と葺不合尊に祈ったところ、雨風に日光がこの山の峰に輝き、神が顕れて荒神退治の旨を告げた。(この時日ノ岡・日向う山と呼んだ)
伊狭々辺命が荒神を退治し、天皇はこれに感謝してこの地に祖神を祀った。
しかし伊狭々辺命は戦のために死亡し、これを惜しんだ天皇はこの神を配祀し三社とした。

上記の伝承は記紀や『播磨国風土記』等の史料には全く記録がありません。従って「伊狭々辺命」なる神も他の史料には見えません。

そもそも当社は『延喜式』神名帳に記載されている社名からして「天伊佐佐比古」なる神を祀ることが明らかで、上記の社記にもこの神が「伊狭々辺命」と同一であることを付記していますが、「天伊佐佐比古」なる神もまた記紀や風土記等の史料には一切登場しません。

従ってこの神の神格は不明と言わざるを得ず、社記の言うように当地の国津神、より具体的には当地を支配した豪族を神格化したものとするのが妥当でしょう。

御祭神

「天伊佐佐比古命」を主祭神とし、「豊玉比売命」「鸕鶿草葺不合命」「天照皇大御神」「市杵島比売命」を配祀しています。

住所 兵庫県加古川市加古川町大野

HP

加古川市エリアガイド
日岡神社 ~ 加古川市エリアガイド 730(天平2)年の創建と言われ、御祭神は天伊佐佐比古命(あめのいささひこのみこと)、豊玉比賣命(とよたまひめのみこと)、鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)、...

宗佐厄神八幡神社(兵庫県加古川市)

基本情報

祭神は息長足媛命(おきながたらしひめのみこと)、品陀別命(ほむだわけのみこと)、仲姫命(なかつひめのみこと)で天平勝宝年間に孝謙天皇のご願所として建てられました。

九州の宇佐八幡に向かう和気清麻呂が道鏡の家来に襲われたとき、一頭の大猪が現れ清麻呂を救ったという伝説があります。それ以来、厄除の大神様として崇拝されるようになり、“宗佐の厄神さん”と呼ばれています。

住所 兵庫県加古川市八幡町野村580

HPhttp://www.yakuzin.com/

今福厄除八幡神社(兵庫県加古川市)

基本情報

創立年不詳
明治7年(1874)   村社に列せられる
明治42年(1909) 大年神社・嚴島神社を合祀

境内社の前に天磐船と呼ばれる石棺が置かれています。

古墳時代の4-5世紀の竜山石製の石棺で、
生活に利用する為に加工されたものとのことです。

竜山石は古墳時代は大和朝廷の墓石としてとても重要な石で、
奈良県の見瀬丸山古墳や大阪府の墓山古墳など遠隔地で多く出土しています。

神武天皇が東征の時に乗ってきた天磐船との伝承があり、
九州の日向から日向大明神が乗ってきたとも言われます。
横に置かれる棒状の石は船の櫂・櫓とも言われるもので,
いかにも播磨灘らしい伝えです。

住所 兵庫県加古川市尾上町今福216−1

HPhttps://yaokami.jp/1281416/

加古川市の厄払い・厄除けで解決できない時は専門家へ

霊は時に、体調不良や病気、不運な出来事や人間関係などのさまざまなトラブルを引き起こします。

「体調が悪い」と病院で診てもらっても「原因不明」とされ、理由が分からないまま体調不良が長引いてしまったり、身の回りで起こるトラブルや奇妙な出来事について誰かに相談しても信じてもらなかったりと、辛い思いをされている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

このような、霊によって引き起こされる悪影響を「霊障」といい、疲れやめまい、気分の落ち込み、不眠、家族不和など、その症状はさまざまです。

過去のご相談事例 【加古川】

【体調不良について】

・原因不明の病気

・体調不良が続く

・奇病

難病

【精神の不調について】

統合失調症

うつ病

双極性障害(躁鬱病)

強迫性障害(強迫神経症、不安神経症)

パニック障害

摂食障害(拒食症・過食症)

心身症

チック症

・対人恐怖症

自閉症

発達障害

アスペルガー症候群

ADHD(注意欠陥多動性障害)

ストレス障害

・適応障害

自律神経失調症

・てんかん

【悪いことやトラブルが続く

・ニート

不登校

・家庭内暴力

・離婚

・家族の不仲

・家の中で起こる怪奇現象や心霊現象(家のお祓い)

その他の【過去のご相談事例】

▶︎妙瀧寺・水野行清 | お祓い・除霊なら大阪・京都・神戸・兵庫・関西・全国

ご相談者様からのお喜びのお手紙

当寺院では初代住職の頃より、約70年にわたり「霊視鑑定・お祓い(除霊)」を専門に行ってまいりました。

その実績は多数のテレビ番組でも紹介されました。中高年の方なら、お昼の人気テレビ番組でもありました『東芝ファミリーホール特ダネ登場!?』 や「3時のあなた」などに出演しておりました、先代住職をご覧になって頂いた方もいらっしゃるかもしれません。

※写真は当寺院第二世 龍泉院日明上人

これまでの除霊実績は多数に上り、ご依頼者様から頂戴した「感謝のお手紙」も、数えきれないほどになりました。

◆ご相談内容『声が聞こえてくる』

青森県在住の30代女性E様

「私は結婚して8年になりますが主人と結婚してすぐに、この世のものとは思えない声が聞こえてくるようになりました…様々な病院に通いましたがよくなりませんでした。

私は昔から霊感が強く時々見たことのない女の人の姿を見ることがあり、声が聞こえてくることと関係しているのではないかと思い水野ご住職に相談に伺いました。熱心に話を聞いていただき、鑑定の結果、主人を恨んでいる女性の生き霊が原因していることがわかりました。

この女性は主人と一緒になりたかったようで、私と幸せな家庭を作らせたくない、という思いが色情の因縁となり、声の原因となっていたようです。この女性の生き霊を引き離すご祈祷(お祓い・除霊)を施していただくにつれ、聞こえていた声が次第に小さくなっていきました。感謝の気持ちでいっぱいです本当にありがとうございました!」

◆ご相談内容『不思議な霊現象」

兵庫県在住の50代ご夫婦Y様

「私たち家族が借家に住んで7ヶ月位経った時に、たまに不可解な現象が起きるようになりました。

1階の私の部屋の真上が次男の部屋なのですが、天井を駆けずり回る音やパチン、パチンという音がひと月になん回も起こります。

だいたい決まった時間で夜中の3時頃。最初はねこ?と思いましたが、1階の天井にねこがどうやってバタバタバタバタと凄まじく駆け回れるでしょう。

自分でネットで調べて盛り塩をしたり、霊能者の方に家のお祓いをしていただきましたが、何ヶ月たっても一向にこの現象は収まらず、怖くなり、水野先生にご相談しました。 水野先生に鑑定していただいた結果、実は、半年前に私の父が前の家で自殺し、それをきっかけにこの家に引っ越してきたのですが、亡くなった父が成仏できずに知らせていることがわかりました。

水野先生に亡くなった父の浄霊(お祓い・除霊)を施していただき、父の霊が成仏するとともに不可解な現象はなくなりました。亡くなった父の思いに気づくことができて本当によかったです、水野先生ありがとうございました。」

◆ご相談内容『無気力ニート』

青森県在住の50代女B様

「27歳の次男が、大学卒業後、定職につかず、無気力でニートの状態になって困っておりました。何とか次男にしっかりしてほしいと思い、水野ご住職に相談に伺いました。

鑑定の結果、実はうちには長男と次男の間にもう1人男の子がおり、不慮の事故により幼くして亡くなったのですが、恥ずかしいお話ですが、うかつにも私たち夫婦はその子の供養をしておらず、供養を求めて次男に憑依して知らせようとしていたことが判明しました。

水野ご住職に浄霊を施していただき、月に1度の浄霊(お祓い・除霊)を施していくことで、次男は気力を取り戻し現在では運送関係の仕事に就職して元気に働いております。水野ご住職心より感謝申し上げます」

過去のご相談者様からのお喜びの声(動画)

➡︎ ご相談者様の声 | 妙瀧寺・水野行清

妙瀧寺住職 水野行清のプロフィール

霊障や霊的な事柄の可能性があると思った場合

は、霊能者の家系に生まれたお祓いや除霊の専門家、修業を積んだ妙瀧寺の四代目住職・水野 行清(みずの ぎょうせい)にお気軽にご相談ください。御祈願や御祈祷、お祓いでは解決できないお悩みがある方にも、全力でお力添えいたします。

大阪・京都・神戸・兵庫・関西・全国での
お祓い・除霊(浄霊)相談・霊視鑑定・霊障相談なら水野行清へ

080-3773-8140
目次